メンバー

半田 裕一(はんだ ひろかず)
教授

コムギ等を材料にゲノムや遺伝子情報を利用した遺伝育種的研究を行っています。

◆ 研究紹介動画のページへ



大坪 憲弘(おおつぼ のりひろ)
准教授

ゲノム編集等による新たな花色・草姿の作出と有用形質の実用化研究に取り組んでいます。

趣味は自転車(主にミニベロ)のカスタマイズとPC/スマホの開腹、座右の銘は「飯は熱いうちに食え!」です。

◆ 研究紹介動画のページへ



大坪 真樹(おおつぼ まき)
共同研究員・研究補助員

ユーストマの組織培養、チャの組織培養系の効率化



新保 由紀子(しんぼ ゆきこ)
研究補助員

ユーストマ(トルコギキョウ)の形質転換の効率化と、ゲノム編集による形質改変に取り組んおり、日々成長していく培養物たちを愛でつつ楽しく実験しています。
趣味は水辺の生き物観察と美味しい生ビールを飲むことです。



森田 匠(もりた たくみ)
M2

私はGWASという遺伝子型と表現型の相関から有用遺伝子の存在を突き止める解析手法を用いて、近年コムギの重大な病害の1つとなっているコムギいもち病の抵抗性遺伝子とコムギの粒数や小穂数といった農業形質に関わる遺伝子の研究を行っています。趣味はプロレス観戦です。



伊藤 皓矢(いとう こうや)
M1

ポインセチアに外来遺伝子が組み込まれる際の特徴について解析しています。大学院から本研究室にやって来てバイオ系自体も初めての分野です。なのでワクワクしながら研究に取り組んでいこうと思います。

趣味はスポーツ観戦で、特に野球とNFLを観るのが好きです。京都の街も好きなので、在籍している間に色々な場所に行きたいと思っています。



岡本 拓也(おかもと たくや)
M1

トルコギキョウは植物ホルモンのエチレンによって花の老化が早まるため、エチレン感受性を低下させる、あるいは植物自体のエチレン生産を抑制することで花持ちの向上が期待できます。私はCRES-T法によってエチレン応答関連遺伝子や雄ずい分化関連遺伝子の発現を抑制し、花持ちの良い品種を作る研究を行っています。

趣味はボードゲーム。スイーツとランニングとシマエナガが好きです。



石田 怜子(いしだ れいこ)
B4

CRES-T法を用いて花弁表皮細胞の形を変化させると、花弁の質感を変化させることができます。私はこの技術で花弁の質感が変化したユーストマの花を作出する研究を行っています。

好きなものはレモン味のお菓子です。趣味はプールと自転車を漕ぐことです。



清水 海羽(しみず みう)
B4

私はアントシアニン生合成を抑えて白い苞葉のポインセチアを作出する研究と、エチレン感受性を低下させてポインセチアの花もちを良くする研究を行っています。

趣味は歌ったりベースを弾いたりすることで、パスタと和食とディズニーが大好きです。



瀬戸 将太(せと しょうた)
B4

土壌には微量のカドミウムが含まれています。それが根に吸収され、維管束を通って葉や実に移動・蓄積します。私はコムギのこうしたカドミウムの蓄積などに関係している遺伝子をRNA-seqという手法を用いて探し出すという研究を行っています。

好きな物は甘いものと美味しいもので、趣味は剣道です。



日向 陽汰(ひゅうが ようた)
B4

コムギは六倍体の植物です。コムギのような異質倍数体は遺伝子発現の変化などゲノムに大きな変化が生じます。しかしこれらはどちらかの親ゲノムが支配的である場合が多く、ゲノムの優位性が発生します。私はqRNAなどを用いて、コムギの発現に関わる解析を行っています。

趣味は温泉に行くことです。